年代のイメージに合わせる|自分の身体にぴったりのオーダースーツを注文する方法
メンズ

自分の身体にぴったりのオーダースーツを注文する方法

年代のイメージに合わせる

男性

似合うモノ選び

男性のワードローブでは、年輪を重ねた男性でなければ似合わない服もあります。品格ある40代でも、野暮な着こなしでは独特のデザインが持つアクのあるファッションに負けてしまいます。例えば、ビジネスマンにとってはアウター選びもポイントで、40代からの年代ではビジネススーツにコートを用いるコーディネートは定番です。特にトレンチコートは働き盛りの40代のワードローブで、ラフにさりげなく、都会的な雰囲気での着こなし方が必要な1着です。あまりカジュアルな恰好には似合わず、スーツやジャケットスタイルならば幅広く合わせることが可能です。また体型によっても似合わせが難しい場合があります。エポレットによってなで肩の場合には肩幅を広く見せられますが、タイトなコートはお腹周りや背の低さが強調されやすいために、スマートな着こなし方を身に付けることも大事です。

小物にもこだわる

紳士のイメージが根付く年代は40代以降で、スーツファッションが紳士的男性の代表例です。ジャケット・パンツにこだわるだけではなく、紳士靴にこだわることも大切です。靴は履く人の趣味を映す鏡とも言われ、上品な1足を選び、丁寧に手入れをすることで生涯長く付き合える利点が挙げられます。ブランドの歴史もチェックし、名品と言われる所以を理解することも靴のみならず。紳士のワードローブでは重要な点です。例えば、熟練した職人の技術のクオリティが証明されているレザーの靴や腕時計などは、重厚感や迫力などを足元や手元から発揮させることが可能です。上品かつ洗練されたスタイルが40代以降の男性には求められたり、求むのも本音で、上質素材がポイントです。